Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Links
Sponsored links
Mobile
qrcode
スポンサーサイト
2008.10.16 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
沖縄の講演で大合唱
2008.04.24 Thursday 15:13
久々の講演は沖縄・那覇。出番前、舞台袖で流れを確認します。



曰く「何回やっても、始まる前の緊張感は薄れないね。ほどよいプレッシャーというところかな」




詰めかけた観客はなんと900名。その中を入場します。会場は拍手の嵐。






講演がスタート。















































次第に熱を帯びてくると
















曰く「今日はみなさん、ほんとうにありがとうございました。最後にお願いを聞いてください」

「これまで200回ほど講演をしてきましたが、今日はじめての試みに挑戦したいと思います。歌です。いや、ぼくだけが歌うんじゃないんですよ。みなさんで、一緒に歌いたいと思っています」

「曲は『黄金の花』です。ぼくは沖縄がとてもともて好きで、沖縄の歌も大好きです。中でももうずっと長い間愛しているのが、この歌です。どうかみなさん、立って、ともに歌ってください。




黄金の花が咲くという
うわさで夢を描いたの
家族をふるさと、ふるさとに
置いて泣き泣き、出てきたの

素朴で純情な人たちよ
きれいな目をした人たちよ
黄金でその目を汚さないで
黄金の花はいつか散る

楽しく仕事をしてますか
寿司や納豆食べてますか
病気のお金はありますか
悪い人には気をつけて

素朴で純情な人たちよ
ことばの違う人たちよ
黄金で心を汚さないで
黄金の花はいつか散る

あなたの生まれたその国に
どんな花が咲きますか
神が与えた宝物
それはお金じゃないはずよ

素朴で純情な人たちよ
本当の花を咲かせてね
黄金で心を捨てないで
黄金の花はいつか散る

素朴で純情な人たちよ
体だけはお大事に
黄金で心を捨てないで
黄金の花はいつか散る

黄金で心を捨てないで
本当の花を咲かせてね

作詞:岡本おさみ 作曲:知名定男 うた:ネーネーズ 1994




歌者、三線奏者の堀内加奈子さんが応援にかけつけてくれました。




全員スタンディングの大合唱。





曰く「みなさん、本当に本当にありがとうございました」
| 河原成美 | 日本各地 | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
2008.10.16 Thursday 15:13
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/04/30 10:57 AM posted by: 一風堂ファン
はじめまして。
記事と関係のないコメントですが、お許しください。

一風堂大好きです。
そのなかでも、横浜ポルタ店限定だったスペシャルは、
初めて食べたとき、世界一うまいラーメンだと確信しました。

それからは、
片道2時間、交通費だけでも往復2000円かけて、
ただ一杯のラーメンが食べたくて、
横浜ポルタ店へ通っていました。

最後に食べたのは去年の12月でしたが、
転職などいろいろのほとぼりが冷めて、
久々にあのスペシャルを食べたくて、横浜までいきました。

お店へ行くと、メニューの改定があったことをしりまして、
スペシャルがなくなっているのを知り、とても残念でした。
お店の方に聞いたところ、「ないです」とたった一言。
とても悲しくなりました。

日本のラーメン業界は、
世界に誇れる1杯をこの世から消し去った、
僕には率直にそう思えてなりません。
たとえ、スペシャルが1500円でも、2000円でも、
僕は赤丸のスペシャルがあるなら、食べたいと思っています。
それくらいの価値がある1杯だし、
なによりも、あの1杯を食べるたびに、
前回食べたときからがんばった自分を振り返る1杯だったし、
そして次の1杯までまたがんばろうと思えるための1杯でした。

なくなってしまったのは残念でなりません。
経営の問題などいろいろあるのだとは思います。
でも、せめて、なぜなくなったのかを聞かせていただけないと、
あの1杯を世界一だとおもっているお客さんは、納得ができません。
僕一人が騒いだところで仕方ないことだとおもいますし、
僕一人がストライキをしても仕方ないですけど、
僕は、納得ができない限りは、今後は一風堂へ行くのはやめようとおもっています。
それは、これまでも真剣に一風堂を世界一だとおもってきたから、
やっぱりけじめをちゃんとつけて、
納得して、これからの一風堂とまた付き合っていけるようになれないかぎりは、どうしてもまたお店へいくことができません。
行くことはできるます。
でも、そうすることで今後は、
一風堂をただのラーメンチェーン店とみなしてしか、
通うことができません。

ここにコメントを書かせていただきまして、
記事と関係ないことで申し訳ありません。

もし最後まで読んでいただけたのなら、ありがとうございました。
最後に、これからもっともっと一風堂が良くなっていって、
できるだけたくさんの人が一風堂を世界一だとおもってもらえる未来があることを切にねがっています。
2008/05/01 4:52 PM posted by: 元木哲三(編集長)
>一風堂ファンさま
いつも「その日の河原成美」をお読みいただきありがとうございます。今回はコメントをいただき、感謝しております。

ただ、このブログは河原社長ご本人ではなく、制作スタッフが周辺から河原社長を取材して構成しているものです。よって、このブログのコメント欄で河原社長にお尋ね、ご意見をいただいてもダイレクトにご返答することができません。返答をご要望の際は

http://www.chikaranomoto.com/contact/index.html

からご連絡いただければ幸いです。ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


同じく
>tatsuさま
4.2のブログに対して、NY店出店の意義についてお尋ねをいただきました。ご説明が遅くなり、大変申し訳ございません。
上記の理由から力の源カンパニーから直接の返答をお求めになる時は、コーポレートサイトのフォームからお願いできれば、と思っております。

これからも「力の源通信」をよろしくお願いいたします。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://s-kawahara.jugem.jp/trackback/555
2008/04/28 6:49 PM posted by: 和家若造のカピローグ
2008年4月24日、河原成美(かわはらしげみ)さんの講演会に行ってきました。河原さんは知り人ぞ知る「力の源カンパニー代表取締役」「博多一風堂店主」です。「店はお客様のためにある」(テーマ:生まれれきたことが大創業)会場:てだこホール(浦添市)主催:レキオ
2008/04/29 11:33 PM posted by: カフェ ワンオアエイト
河原成美さんの講演会に社員全員で参加しました。 当社、有限会社アイ・ステーションのビジョンは 「夢を語り合う会社 夢を語り合える会社 を作る」です。 「目標を掲げ、全力で行動し、達成する」河原さんの熱い語りを社員全員で共有できた実り多い社