Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Links
Sponsored links
Mobile
qrcode
スポンサーサイト
2008.10.16 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
御園座、サブちゃん、カレーうどん
2007.09.10 Monday 14:18
今日は珍しく夕方までのスケジュールが空白。といって休息を取るなんてことはありません。

曰く「名古屋の御園座で北島三郎特別公演があるので行ってみよう!」



「えっ! 北島三郎? 河原さんって演歌ファン?」

と思いませんでした?

これには理由があるんです。


続きを読む >>
| 河原成美 | 東海・北陸 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
名古屋からクイズです
2007.09.05 Wednesday 09:04
午後、急用で名古屋へ。

突然ですが問題です。

これはいったいなんでしょう?




| 河原成美 | 東海・北陸 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
名古屋の運転手さんに教えられたこと
2007.08.26 Sunday 23:42
名古屋での講演会の翌日。開店前の一風堂名古屋店へ。



昨夜、講演会に参加したハッチが開店を前に元気に働いていました。バックの壁は山笠をモチーフにしたレリーフで飾られています。






さて、さっそく極新味を試食。




「よし、しっかり味がまとまっている」




次は白丸の具を載せないプレーンを。



「十分に美味しいレベルに達しているけれど、欲を言えばコクが足りない。開店前だから仕方のない部分はあるけれど、百田店長、もう一度調整してごらん」



毎日、行っている朝礼。




「みんなに聞いてほしい話がある。昨夜、講演を終えて乗り込んだタクシーでこんなことがあったんだ……」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タクシーでは運転手さんと自然な形でラーメン談義になりました。運転手さんが好みのラーメンについて語ります。

「私は横綱ラーメンか丸源ラーメンが好きですね。それと本町通りにある、豚骨ラーメンの店……名前はなんていったっけ?」

「あっ、一風堂ですね」

「そうそう。昨年、テレビで紹介された後に大行列ができるようになりましてね。私も妻を連れて行ってみたんです。真夏でね。ずいぶん待ちましたが、実際に食べてみると、こんなに行列ができるほどの味じゃないな、と思いました。博多一口餃子は美味しかったんですが……」

「そうでしたか」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「運転手さんには、ぼくが一風堂のおやじだって気づかないでほしかった。だって、きっと恐縮されるでしょう。言わなきゃよかった、って後悔させることになる。だからあらたまって謝りはしなかった。でも、本気で反省したし、責任を感じた。すべてぼくたちが悪いんだ。

いったいなぜ彼は『それほど美味しくはない』と感じたのだろう? 好みの味ではなかったのかもしれない。でも、ぼくはきっとそれ以外に原因があると思うんだ。お待ちいただいた時間、ぼくたちは十分に気を配っただろうか。一言、声をかけただろうか。店に入ってこられた瞬間、笑顔で『いらっしゃいませ』が言えただろうか。

エアコンは十分に効いていただろうか。注文を取るときやラーメンをお出しする際に、的確な説明ができただろうか。ラーメンが出るまでの時間は長過ぎやしなかったか。麺は茹で過ぎていなかったか、スープは熱かっただろうか。心のこもった『ありがとうございました』でお見送りできただろうか。

一風堂の味が運転手さんの舌に合わなかったのかもしれない。しかし、十分な心遣いができていれば、タクシーに乗ったお客にわざわざ批判的なコメントをするような心境には至らなかったはずだ。ぼくたちは運転手さんと奥様を、間接的に傷つけたんだよ。そんな権利がぼくたちのどこにある?

いいかい、みんな。ラーメンを召し上がっていただいた時点で『美味しい』『美味しくない』を判断されるようではダメなんだ。ぼくたちは店内に気を張り巡らして、お客さまが入店した瞬間に『あっ、この店だったらきっと美味しいラーメンを出してくれるだろうな』と思ってもらわなければならない。いや、店内の活気がドアから外に溢れ出すような、そんな営業を心がけなければならないんだ。

昨夜はたくさんの聴衆の前で、偉そうなことを話してきたけど、現時点でのぼくたちはあまりに未熟だ。できていないことは山ほどある。でも、一つひとつ克服していこうよ。来店してくださるすべてのお客さまに、笑顔で店を出ていただけるように、最前の努力をしよう。運転手さんの言葉を絶対に忘れてはいけない。今日も一日、がんばろうぜ!」



みんなの気がひとつになったところで、いよいよ開店。夏休み最後の日曜日は気合いの入った営業ができることでしょう。



見送るスタッフに手を振って、新幹線で東京へ。

その後についてはコチラ → 「食欲という名の戦車
| 河原成美 | 東海・北陸 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
名古屋涙の講演
2007.08.25 Saturday 23:50
名古屋に到着し、講演までの短い時間、会場近くの喫茶店で「白桃のかき氷」を食べながら集中力を高めていきます。



甘さ控えめ、おしゃれな味。




この日は約500人の聴衆が集いました。





出だしは少し硬い語り口でしたが、徐々にヒートアップ。

「標準語じゃ調子がでんけん、もう博多弁で話していいかいな?」




演台から出て、







観客席に落ちてしまうのでは、というくらいの勢い。





「生まれたことが大創業なんだ。この世に生んでくれた両親に、『産んでくれてありがとう』と言おうよ。そのときから本当の人生が始まる。俺は本気でそう思っている」



最後は涙。観客席からも鼻をすする音が。




大きな拍手に包まれて楽屋に戻り、ようやく笑顔が。







懇親会では多くの人と語り合いました。




この夜、若き経営幹部が社長である父に対して、懇親会参加者全員の前で「お父さん、産んでくれてありがとう」と頭を下げました。その言葉を受けた父の目に涙、会場の全員が再び涙。







最後は一風堂・名古屋店の百田店長とアルバイトのカトキチ、ハッチと記念撮影。

幸せな気分でホテルへとタクシーで向かったのですが、その車中で事件は起きたのでした。その話は明日。
| 河原成美 | 東海・北陸 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
駅弁は5個食べなきゃね
2007.08.25 Saturday 23:28
今日は名古屋で講演。事務所で話の流れを確認してから出発。







博多駅に到着すると、まずはミスタードーナツへ。



新商品を中心に5品。



構内で駅弁を2個。






さらに2個。













なんと、









さらに、もう1個!




「飲食業に携わる人は、なんと言っても食べなきゃ」が持論。研究とは言うものの、すごい量です。








寿軒の「かしわめし」「筑前幕の内」。





同じく寿軒の「玄海ちらし」。










「漁師弁当」と「娘手まり弁当」も開封して、





新幹線が走り出すとともに……





食べます。


以前は「福岡の駅弁のレベルが低いのは寿軒のせいだ」と公言してはばからなかったのですが、ここ数年はすっかり寿軒のファン。

曰く「やはり今日も寿軒の弁当は感度が高い。手作り感がしっかりあるし、それぞれの料理の味がばっちり決まっている。ぼくはあらゆる場所で駅弁を食べてきたけれど、寿軒は全国的にもトップレベルだと思う。悪口を言っていたぼくを許してください!」


「ああ、お腹いっぱいだ」と言いながら、次々にドーナツを味見。

食後は名古屋駅到着まで講演の資料を読みふけります。

さて、到着後は……それは次回。
| 河原成美 | 東海・北陸 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→